本日は、40代女性に似合う大人カジュアルコーデのポイントは?というテーマでお届けいたします。

 

最近、普段の私のライフスタイルには全く必要のなかったカジュアルなコーデを、暇さえあれば考えております。

 

いつもの洋服のパターンはとても単純。

ワンピース、ボレロ、レザージャケット、ストール、パンプス、ブーツ。

今シーズンも、この厳選アイテムだけで、過ごせるかしらと思っていましたが。

 

昨シーズンの冬には想像もつかない程のライフスタイルの変化で、行動範囲が広がり、必要な洋服にも変化が生まれました。

 

こんな時には、スタイリングの計画表を修正する必要があります。

 

早速考えてみましたよ。

シーズンは冬。

コート、トップス、ボトムス、バッグ、靴、羽織物に至るまで。

手持ちのアイテムを活用できるか、できないか。

 

できれば、持っている洋服や小物を活用したいですからね。

活用できる洋服に合わせるアイテム、形、色。

カジュアルスタイルで、なりたいイメージを考えます。

 

40代の大人の女性で、カジュアルスタイルがとても素敵と感じる方は。

田丸麻紀さん。

 

コーデの写真を眺めて、どこが好き?なぜ素敵と感じるの?

一つ一つ確認してみると、素敵ポイントはバランスと色使いでした。

これなら私にも取り入れられます。

 

もうお一人方、押田比呂美さん。

大人の女の「エレガンス」磨き という本も大好きです。

 

【Fashion Q&A】というページに、Q  40代なかごろから、カジュアルが似合わなくなってきたような・・・。

大人には大人のための カジュアルがあります。

素材の上質感とシルエットの美しさ。

そしてジュエリー使い。

海外マダムはカジュアルがほうんとうに 上手いからスナップで研究してみては?

絶対やっちゃいけないのは、 娘と同じようなカジュアルで 若作りしている人。 あれは本当にみっともない!

大人の女の「エレガンス」磨きより抜粋

 

 

この文章、痛いほど刺さりますが、全身ハイブランドに身を包むのは難しいので。

できるだけ、素材の良い服、シルエットの美しい服。

それらを見極めることができるように、経験を重ねる方法しかありませんね。

 

ちょっと敷居が高いと感じるようなブランドでも、試着をしてみる、そんな経験も必要です。

体型や骨格タイプが違っても、素敵と思うポイントを取り入れることは出来ます。

ご自分のなりたいイメージを明確にして、必要なアイテムを選ぶ、そこが大切。

 

日々の生活で、素敵と感じ、目に止まる40代女性のカジュアルは、色の統一感のあるコーデです。

冬は落ち着いた色使いのコートを着ることで重たい印象になりがちですが、差し色ではっとするくらい美しく見えるようなコーデの女性をお見かけすると、色の持つ力を再認識いたします。

私の目指す、大人のカジュアルは、子育て世代のように、汚れても家でザブザブ洗える服、スウェット素材やスニーカーにデニムのような、動きやすい服や靴を最優先するのではなくて。

屋外で一日中歩き回っても疲れない動きやすい服、体をあまり締め付けない少しゆったりめな形、着心地の良い素材。

 

できればこんな条件を満たしていて、それでいてスッキリとスタイルアップして見える服が理想です。

 

ストレートタイプの私の場合。

ゆったりとした着心地の良い服は、見た目がだらしなく、太って見えてしまいがちです。

カジュアルな服はあまり体にフィットしない形のものが多いため、似合う服を探すのが難しいと感じることが多いです。

 

カジュアルなコーデが得意と感じていらっしゃる方は、きっと骨格タイプがナチュラルタイプですね。

もしくは、パーソナルカラー、オータム(秋)タイプかもしれませんね。

 

特に、子育て真っ只中の時代は、苦手意識を持ちながらカジュアルな洋服を着る毎日でした。

なぜ?似合わないのか?その頃にはわからなかった答えが今なら簡単にわかります。

 

体型は痩せている、太っているに関わらず、3パターンに分けることができます。

・カジュアルなメンズライクな服が似合うナチュラルタイプ。

・スーツなどのかっちりとした服の似合うストレートタイプ。

・フェミニンな可愛らしい服の似合うウェーブタイプ。

 

私はストレートタイプです。

しかも、子育て時代は体重の増減がかなり激しかったため。

太っていた時にはもちろんですが、かなり頑張って理想体重に近い状態の時にでも、全くカジュアルなコーデが似合いませんでした。

 

それでも似合う服を見つけたくて、色々とプチプラで試してみた結果。

痩せて見える、素敵に見えるコーデには同じ特徴があることに気づきました。

 

体にフィットしすぎず、大きすぎない服、生地はハリのある素材。

カットソーは襟元が詰まりすぎていない形でウエストラインが程よくくびれているもの。

 

スカートはタイトスカート、又は台形スカート。

ニットはハイゲージでシンプルなタイプ。

スカートは単品ではなく、セットアップのものがスッキリと着こなせるので使いやすく好きでした。

 

唯一、パンツだけはどうしても似合う形を見つけられなかったため、潔く諦めて仕事着以外はスカートで過ごしていました。

 

こうして特徴を一つ一つ上げていくと。

ストレートタイプの人に似合う洋服の条件と一致しているのがわかります。

 

骨格診断を知らなくても、自分に似合うものを自然と選び出すことが出来ていたのですね。

きっと皆さんもそうだと思いますよ。

 

どうしてもわからない、もっと素敵に見える服を知りたい。

そんな方は、ぜひ骨格診断やパーソナルカラー診断を受けてみたり、同行ショッピングを利用してみてください。

いつもと違う素敵なご自分に出会え、可能性が広がります。

 

さて、私の話に戻りますが。 問題のパンツです。

今回は、パンツを選びたい、そう思いました。 理由は、冬の屋外に長時間いる場合、スカートでは寒いから。

また、スカートに合わせる長時間歩いても疲れないブーツを持っていないから。

 

手持ちのカジュアルアイテムはレザーのスニーカー、色は白。

できれば、このスニーカーに似合うパンツを選びたい。

アウターは手持ちのレザージャケットと合わせたい。

シンプルなハイゲージニットアンサンブル(ダークブラウン)とライダースジャケット(黒)。

パシュミナストール(ブルー)。

ここに組み合わせられるパンツを探したい、そう考えました。

 

パンツ選びの際の注意点。

試着しやすい服装で出かけること、靴は合わせたい靴を履いてで出掛けましょう、靴が服にあわなければ、荷物として持って行きましょう。

トップスも同じように合わせるトップス、もしくは似たタイプを着て行きましょう。

同行ショッピングに行く際や、今日は洋服をたくさん試着しよう!と考えて出かける際には是非お出かけ前にコーデをチェックしてみてくださいね。

 

手荷物はできるだけ少なく、試着姿を写真に残したいのでスマートホンもお忘れなく。

消音タイプのカメラがあれば試着室で気兼ねなく撮影できます。

 

これからの時期なら、セールの始まる前に行きたいですね。

 

パンツの試着をする際は、下着がポイントです、タイツやストキングは脱いで試着する必要があります。

実際にパンツを着る状態と同じにしなければ良いか、悪いかの判断ができません。

ストッキングやタイツを毎回脱いだり、履いたりを繰り返すことはできませんよね。

最初から、履いていかない服装で行くことが大切です。

 

40代の女性のヒップラインを綺麗に見せるには。 ソフトな補正機能のあるロングタイプの下着が必要です、オススメはSPANX。

洋服のシルエットを美しく見せるには、ファンデーションが大切です。

 

これはメイクアップのカラーを乗せる前の素肌を美しく整える感覚と似ていますね。

ランジェリーではなく、体型を整えることのできる機能を持ったファンデーションが40代女性には必要。

補正機能のあるファンデーションはあるべき場所に補正してくれる頼もしい味方です。

ぜひ、有効活用してみてくださいね。

 

実際に私自身が洋服を選ぶときにチェックするポイントや試着の際に気をつけていること。

同行ショッピングの際にお客様にお伝えしていることを、ポイントを絞って書いてあります、是非参考になさってくださいね。

 

 

本日は、40代女性に似合う大人カジュアルコーデのポイントは?というテーマでお届けいたしました