本日は、骨盤の歪みを自宅でチェックする方法は?姿勢にも影響が・・というテーマでお届けいたします。

骨盤の歪みについて、お悩みの女性って多いですよね。

特に出産をご経験されている方に、骨盤の歪みを感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

 

でも、歪みとは?

どのような状態が歪みなのかをご存知ですか。

 

骨盤の歪みを自宅で簡単にチェックできる方法をご紹介いたします。

早速セルフチェックをしてみて下さいね。

 

足踏み

 

目を閉じてその場で足踏みを50回繰り返して下さい。

目を開いて、最初の位置からどのくらい動いていましたか?

前後左右どちらに動いていたのかで骨盤の歪みの向きが分かります。

30センチ以上の移動は歪みの可能性大です。

 

いかがでしょうか?

この診断が最も簡単な方法です。

調べてみると、30回から50回位、の回数で紹介されているサイトが多数ございます。

足踏みの回数が少なすぎると移動を確認できませんので、30回以上の足踏みが必要です。

 

 

私も早速確認してみました。

少しだけ前に移動していましたが、30センチ未満でしたので少し安心いたしました。

前に移動してしまうのは、骨盤の前傾が影響していると言われています。

 

我が家は狭いため、少しでも動くと家具に当たってしまったり。

絨毯やラグの感触で場所が分かってしまいます。

確認される場合には広いお部屋で、畳やラグなどの感触で場所が分からないような場所で行って下さいね。

裸足で目を閉じていると、床の感触も敏感に感じ取れてしまうことも分かりました。

 

環境によっては、自宅と限定すると意外と簡単な方法ではないのかもしれません。

 

足の開き具合

 

次は、自宅でないと確認出来ないような方法です。

仰向けに横たわります。

力を抜いて、足のつま先はどのくらい開いているかを確認してみて下さい。

 

つま先の開き具合は左右均等でしょうか。

足の長さは同じでしょうか。

歪みがある場合、長さが違う場合もありますよ。

 

 

私が以前整体に足繁く通い骨盤矯正をしていた頃の話です。

 

整体に行くと、必ず最初に足首を合わせて脚の長さを確認されました。

腰痛や肩こり、首の痛みで通っていた当時、私の足の長さは全く違っていたのです。

つま先の開きも左右で均等ではありませんでした。

 

ところが、施術後に確認すると足先は開かずつま先が真っ直ぐ天井を向いた状態になっていました。

歪みがリセットされていたのですね。

 

以前の私は骨盤の開きを長い間、とても気にしていました。

何故なら、酷いO脚がコンプレックスだったからです。

O脚は骨盤の開きが影響しているのではないかしら?

骨盤の開きを改善できれば、真っ直ぐな美脚に近づけるのではないかしら?

 

そう考えてしばらく骨盤矯正に通ってみましたが、あまり劇的な変化を感じる事は出来ませんでした。

施術後の身体は一時的に整っても、持続させる事が出来なかった為です。

 

骨盤矯正よりも、私の脚に影響を与えてくれたのは、正しい姿勢と歩き方です。

ファッションの勉強をする傍ら、洋服を美しく着こなすためには美しい姿勢が必要と考えた私はウォーキングレッスンに通いました。

 

 

ウォーキングレッスンの先生探しのポイント。

 

過去に先生ご自身が脚にコンプレックスを持っていて現在は克服されている事。

モデルさん向けではなく、一般の女性に向けてレッスンを開催されている事。

動画等で分かりやすく情報発信をされている事。

通いやすい場所でレッスンをされている事。

 

そんな理想的な条件を兼ね備えた、美脚でとても健康的で素敵な先生を見つけ出し、待望のレッスンをスタート致しましたよ。

 

ウォーキングレッスンでは日常の体の使い方や自宅でのメンテナンス方法を学びました。

忘れてしまっても、いつでも確認できるように動画を配信してくださっていたのでレッスン回数は少なくても。

今でも毎日、自宅で続ける事が出来ております。

 

その結果、私の足は少しづつですが真っ直ぐに近づいております。

そして、嬉しいことに身長が伸びました。

おそらく、足の湾曲が矯正されたことにより身長に変化が現れたのだと思います。

 

この体験から、日々の積み重ねの重要性に改めて気付きました。

私の場合、骨盤矯正で何をしてもらっていたのかというと。

結局はマッサージやストレッチだったのです。

 

 

ストレッチは方法を学べば自分で、自宅でも簡単に出来ますよね。

 

例えば、長時間のPC作業の後に肩や首に痛みを感じる事がありませんか?

これは同じ姿勢で筋肉が硬直してしまうことにより痛みを感じる場合ですね。

そんな時には、少しの時間休憩して肩や肩甲骨を動かしてみるだけで血行がよくなりスッキリしますよね。

ストレッチをする事で身体はほぐされ、歪みもリセット出来るからです。

 

 

では、一日過ごした身体はどのようなストレッチでメンテナンスをすると良いでしょうか。

 

左右の肩の高さをチェック

 

鏡の前に真っ直ぐに立って下さい。

左右の肩の高さは同じでしょうか?

 

同じ側にバッグを持つ癖のある方は肩の高さに歪みがある場合がございます。

この歪みも、骨盤の歪みが影響しているとも言われていますね。

 

簡単なストレッチで歪みをリセットいたしましょう。

壁際に真っ直ぐに立って鏡を見ましょう。

鼻、お臍、膝、内くるぶしを一直線上になるように立って下さい。

ストレッチ中はこの一直線をずらさないように注意をして下さいね。

 

 

体の中心をずらさず、肩を1センチだけ下げましょう。

左右30回づつ、肩を下げるストレッチをすると、姿勢の歪みをリセットできますよ。

とても簡単ですね。

 

ご自宅の洗面所の鏡を利用して、お風呂上がりの習慣にするのがおすすめです。

 

背中の隙間をチェック

 

壁に背中をつけて、真っ直ぐ立ってみて下さい。

先ほどは左右のチェックでしたが、今度は前後のチェックです。

 

腰と壁の間に手の平を入れてみて下さい。

隙間が手の平と同じ間隔なら歪みはありません。

手の平が入らない、逆に間隔が開きすぎている場合には歪みがあります。

 

壁との隙間を手の平1枚になるように立つコツをお伝えいたします。

真っ直ぐに立つ姿はとても美しくオーラがあり、身体も疲れにくい良い姿勢ですよ。

 

 

頭、肩甲骨、お尻は壁につけましょう。

踵は壁から2センチ離して下さいね。

この時背中に手の平1枚入るように立ちます。

 

女性に多いのですが、反り腰と言って隙間がこぶしくらい開いてしまっている方。

そんな方はお臍の部分を抑えながら、ふーっと息を吐いて隙間を縮めて下さい。

 

この姿勢矯正は毎朝がおすすめです。

できれば一日に何回か繰り返し、身体に覚え込ませるのが効果的です。

真っ直ぐで美しい姿勢のまま歩くことが出来ると、美しい歩き方にも近づきます。

 

私の最近の体験談です

 

ウォーキングレッスンを受けて、良い姿勢を保つ習慣を身につける事が出来たおかげで、整体に通う必要もなくなり。

自宅でのストレッチも数パターンを組み合わせながら上手に一日の体の歪みをリセットする事が出来るようになり大変快適に過ごしておりました。

仕事で重い荷物を少し無理をして、持ち運ぶ事が頻繁にございます。

うっかり重たい荷物を肘にぶら下げて、狭い通路を身体を捻りながら通った瞬間。

肘に嫌な痛みが走りました。

 

以来数ヶ月、右腕にバッグを持てないくらいの鈍い痛みが消えませんでした。

文字を書いたり、メイクをしたり、食事をしたりするのは問題ないのですが。

洗濯物を干したり(干す時の方が重たいんですよね)取り込んだりする際にハンガーをまとめて右手で持つと力が入らない。

そんな程度の痛みです。

 

バッグも肘にかけるのは大丈夫でも、腕を伸ばした状態で持つと肘の関節が痛い、そんな感じの違和感でした。

現在はほとんど回復しております。

 

ところが腕が痛かっただけのはずなのに、バッグや荷物、洗濯物など。

少しでも重みのあるものを扱う時には左手だけを使い続けていた結果。

この期間は、ほんの3ヶ月ほどです。

なんと私は、右足の付け根に痺れを感じるようになってしまいました。

 

幸い、腕がほぼ治りかけていた時でしたので。

極力左ばかりに負担がかからないように心がけることで、股関節の痺れも数日で解消致しました。

 

この経験から、左右のバランスの大切さを実感いたしました。

体の不調はたった一箇所でも、様々な場所に影響を与えます。

 

骨盤は体の中心です。

中心を整えることで体全体のバランスが整うような良い影響がございます。

できるだけ、身体は一日の終わりにリセットする習慣を持ちましょう。

 

私の次なる興味はグリッドローラーです

 

今、筋膜リリースにとても興味があります。

グリッドローラーを使ったトレーニングで身体のベースを整えヒップ&美脚のトレーニングが出来るんですって。

夏にはトレーニングを始めたい願望がございます。

1分間の簡単ストレッチ動画を視聴しているうちに影響されて、身体を動かしたい気持ちになって参りました。

 

パーソナルトレーナーさんがとても素敵な方で、しかも!

運動好きではなかったとお伺いした事で、私にも出来るかも・・・そんな気分になっております。

痛みのあった腕もそろそろ治ってきましたので。

夏の訪れがとても楽しみです。

 

 

身体は自分自身で作り上げるもの。

何歳になっても変える事が出来ます。

そのためには、まず今の状態を把握する事が大切です。

 

本日は、骨盤の歪みを自宅でチェックする方法は?姿勢にも影響が・・というテーマでお届けいたしました。

早速骨盤チェックの足踏みから始めてみて下さいね。